ナンパ 話しかけ方 声のかけ方 丁寧

ナンパのときは丁寧に話しかける

スポンサーリンク

男性が気になった女性に声を掛けて仲良くなろうとするのがナンパというものですが、声を掛けられる女性からしてみれば、全く知らない男性からいきなり声を掛けられるので警戒してしまいます。
だから警戒されないように声を掛ければ良いと言われており、ナンパと聞いて思い浮かべる声の掛け方といえば、そこのお姉さんお茶しない?というような軽いノリで声を掛けているのを思い浮かべるでしょう。


しかしこんな軽いノリで声を掛けてしまうと、女性は足を止めてまで話を聞こうと思いませんので、初めて声を掛けるときは丁寧な言葉で話し掛けるようにしてください。
丁寧な言葉とは敬語で良いのですが、硬過ぎる敬語は逆に警戒されてしまうことがあり、どこかのスカウトマンと思われてしまいますので、少し柔らかい感じの敬語を使うようにすると良いでしょう。

スポンサーリンク

そして丁寧な挨拶から入るのですが、こんにちわやこんばんわと言った後に、今時間ありますか?と聞いてからナンパするようにすれば、印象も良くなりますので話を聞いてもらいやすくなるのです。
また丁寧な言葉使いをして会話が続いて盛り上がってきたら、更に言葉使いを柔らかくして友達のような感覚で話せるようになれば、ナンパはほぼ成功したといっても良いでしょう。


このように丁寧な言葉使いをすることで印象を良くすることができますし、女性の顔や話し方をよく観察しながら会話をして、女性の機嫌が悪くならないように気を付けておくのも重要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加