ナンパ 立ち位置 重要 成功

ナンパするときは立ち位置も重要

スポンサーリンク

ナンパをするときは歩いている女性にも声を掛けることがありますし、立ち止まっている女性や座っている女性にも声を掛けることがありますが、どのようなときでも声を掛ける女性の顔を見なければいけません。
女性の顔が見えていないと、声を掛けたときの表情が見えなくなり、ナンパについてきやすいのか判断しにくくなりますし、自分好みの女性なのかを見ることもできないまま声を掛けてしまうからです。


こうしたことからも言えるように、ナンパするときには立ち位置が重要となるのですが、女性の後ろから声を掛けるのはNGになりますので、女性の横や斜め前から声を掛けるようにしましょう。
また女性の横と言っても、真横にピッタリついてしまうと警戒されてしまうので、最初は1メートルくらいは離れたところから声を掛けるようにして、女性の反応が良かったら徐々に近づいていくと良いでしょう。

スポンサーリンク

そして斜め前から声を掛けるときも、横から声を掛けるときと同じようにすれば良いのですが、女性の前に少しでも入らないように気を付けておいたほうが良いと言われています。
女性の前に入ってしまうと、歩いている女性の場合は危ないですし、強引に止められたと思い警戒されてしまいますので、歩いている女性をナンパするときは横か斜め前から必ず声を掛けるようにしてください。


また立ち止まっている女性は前からでも良いのですが、座っている女性は上から見下ろさないように、少し離れるか座るようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加