ナンパ 声のかけ方 おとしもの

落し物をしたと言ってナンパする

スポンサーリンク

女性に声を掛けることが恥ずかしいという男性は、ナンパに向いていないと言えるのですが、少し声の掛け方を工夫してみることや、あまり良いことではありませんが嘘をつくことや騙すことでも声を掛けられます。
だから声を掛けるのが恥ずかしいという男性は、ナンパしたいと思った女性に嘘をつけば良いのですが、女性を怒らせてしまうような嘘はいけませんので、簡単で女性の機嫌を悪くさせない嘘をつきましょう。


ナンパするときに嘘をつくには、声を掛けたいと思った女性の後ろを歩いて行き、落し物をしましたよと言って立ち止まらせて、ハンカチなどを用意しておき、こうしたものを落としましたよと見せてみましょう。
こうすることをすれば女性は足を止めて振り向いてくれますので、声が掛けやすい状態を作ることができますし、女性の顔を見たら一目惚れしたと分かる表情を作ってみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク

そして一目ぼれしてしまいましたと言うことで女性は驚くことがありますが、嫌がることはあまりありませんので、女性の表情が嫌がっていなかったら何処かへ行きませんか?という様な事を言って誘いましょう。
また女性が振り向いて、その落し物は私のものではありませんと言う前に、綺麗な柄のハンカチですねと言ってみることや、可愛いあなたに似合っていますねと言えば、女性は気分が良くなります。


こうして嘘のものを使い、嘘を言って声を掛けるのですが、女性が喜ぶ嘘なので良いと思われます。
嘘をつくのは悪いことだという固定観念を持っている方もいるかもしれませんが、「嘘も方便」という言葉もあるように、要は使いようなのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加